時子ばあちゃんの 85Blog

kanashuyum.exblog.jp
ブログトップ

お引越し

長らくご愛顧いただきました「時子ばあちゃんの85BLOG」
いかがでしたか?
スタイルを変えて、再び時子ばあちゃんや田舎の暮らしをお届けします。

お引越し先は↓
「ハナコと田舎暮らし」

引き続きよろしくお願いします!f0018963_16441537.jpg

こちらもオススメ!
☆鳥取の砂丘ぶどうの栽培レポート
[PR]
# by kanashuyuma | 2007-12-02 21:49 | ヒミツのこぼれ話

やまびこで心豊かに

f0018963_14144464.jpg



















下手な横好きとは私にぴったり。ですが文章を書くのが好きな私です。
幸いに日本海新聞「やまびこ」欄に時々投稿し、たいして没も無く掲載して
いただく。そのお蔭で年賀状のやりとり、文通等々。中には達筆な方もあり、
字の下手な私は恥ずかしい思いもしていますが、これまで多くの勉強を
させていただきました。
隣家に住む次男の嫁が「やまびこ」に掲載された私の文章やら、
町の高齢者教室の文集等を積重ねているのをみてインターネットへ。
いろいろと自分の所見も入れて、友人知人などに見てもらったらしく、
とある人からは手づくりのケーキを頂いたり喜びの声を聞いたりしています。
ある時、岐阜に住む長男の嫁から電話での用件の後、
この文章を知人に見て貰ったら、その人曰く
「たっぷり2時間読ませてもらったが、貴方が定年後帰省の人生は安泰だよ。
この義妹に、この姑では。と言ってくれた」と喜んでいた。
私、嫁二人の三者の絆はより深く、今まで以上に結ばれた心地でありました。
そして、日本海新聞「やまびこ」にも感謝です。
その昔、私の姑が長男の嫁に「私ら夫婦のことをどうかよろしく頼む」と
言っていたことを思い出し、私にはまだ孫の嫁はなし、嫁同士仲良く暮らして
欲しいと願うばかりです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0018963_20285072.jpg

勉強をしたくとも進学できなかった子ども時代。昔のこと。
時代を恨むことも無く両親に愚痴を言うでも無く、
ただ、謙虚にまっ直ぐに生きてきた。
そんな生き様をつれづれに「日本海新聞の「やまびこ欄」や
高齢者教室の文集に投稿してきていた時子ばあちゃん。
沢山の本を読み、新聞から学び、友人とともに高齢者教室で学び
多くの栄養を吸収してきた時子ばあちゃん。
のんベンだらりと、気ままに生きている私たちの気付薬となればと、
時々のハナコの感想なども織り交ぜて80本、
「時子ばあちゃんの85BLOG」として綴ってきたのでした。

最後に 時子ばあちゃんの言葉を添えて・・・・
「現在 年齢を重ね80年を振り返れば
無学のために思わぬところで壁にぶつかったり
戸惑ったり、人並についていこうと思えば
何倍も努力しなければならない。
孫達に私は言っている。
学問技術を習得したことはは身についた財産である。
努力し 辛抱し そして頑張れよと。」

[PR]
# by kanashuyuma | 2007-01-08 20:48 | おっせかいこぼれ話

渡る世間に仏あり

f0018963_17272038.jpg












賑やかだったお正月休みも終わり、子供たちは再び自分の場所へ。
長女は春には新社会人、長男は予定通りにいけば大学へ。
末娘は、中学3年生と家族の形も様変わりする。

そんな子ども達に、時子ばあちゃんから届いたメッセージ。
いつも、気に掛けてくれてありがとう!
以下は、つれづれに話していたことなどを時子ばあちゃんが記したもの。
これまでの3年間の思いと感謝が溢れている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 孫は中部に住みながら西部の高校を目指すとは!西を向いても東を見ても、
知る人のいないところへ行くんだよ、覚悟しているかと私。しているよと孫。
では、おばあちゃんの愚言を一言。「真実の道を歩むこと。
人も自分も大切に。そして頑張れよ。」私の贈る言葉でした。
 孫が5年生の時、鮭の飼育に取り組み、天神川へ放流。
4年後の中学3年生の秋に同じ場所で鮭との対面が行われた。
これらは山陰放送から放映された。以来縁があって、
番組を担当された方には、学校の保証人になっていただいたり
下宿等の行き届いたお世話をしていただいた。
 受験当日、3月上旬。この日は雪混じり風も加わった寒い朝であった。
ゆとりをもって家を出た都合であったが、西へ行くほど雪風が強まり定刻
まではと懸念し、母校へと電話。
さらに母校より高校へ連絡を入れていただき、
お蔭で玄関先には先生の出迎えをうけ試験教室へ。
席について2分と立たぬうちに試験開始。
幸いに合格をいただき希望の学校へと巣立っていきました。
 何時頃からか、週に何度かお弁当を作って頂いている話を聞きました。
世の中には奇特な方がおられるのだなぁと思っておりました。
とうとう3年間もの間続けていただいた由。
立場を替えて考えた時、私だったら果たして全うできたろうかを考えさせられました。
境港のお父様、お母様、そして友達のK君。本当にありがとうございました。
家庭の味、おふくろの味、友人の親切。
身体いっぱいに味わった3年間だったと思います。
弁当を作ってくださったお母様、また運んでくれたK君。
学びの本、部活の道具、弁当二つ、帰りには空の弁当箱まで
運び続けてくださった親切には唯唯頭が下がります。
私も舅、主人、義妹、子ども、孫と弁当作り続けて半生期、
とよく言っていますが、すべて身内のもの。
この頃の世相は、死に追いやるまでいじめている若者も多々
ある中に、私は申し上げたい。
「渡る世間に仏あり」と。
K君も次のステップに向って頑張ってください。祈っております。f0018963_1821720.jpg
[PR]
# by kanashuyuma | 2007-01-07 18:02 | おっせかいこぼれ話

松岸寺元住職 老師を偲ぶ

●平成13年11月19日 日本海新聞「散歩道」より
時子ばあちゃん 80才の時

モクセイの香りもいつしか失せて、野に山つわぶきの花が真っ盛りのころ。
10月16日、北条の松岸寺住職老師の訃報を知りました。
謹んでご冥福をお祈り申しあげます。今頃は極楽浄土の王座の椅子に座り、
笑顔で説教をしておられることと思います。
私には仏教のことも、檀家でもないので寺のことはわかりません。
が、若かりし頃は布教師として説教(講演)等に励んでおられたことと思います。
晩年は町の中央公民館の館長として社会教育等に専念されておられました。
他町村に例を見ない活動の一環に、私たち講座生として館長、主事、職員の
方とともに学び励んだことが懐かしく夢のように思い出されます。
自我を捨て、他に施す仏の心。
また温厚篤実で誰にでも平等に接する和尚には尊敬と好意を皆が寄せておりました。

小学校6年間机を並べて学び育った私たち。
学友とは計り知れない深い絆に結ばれています。
和尚は、童顔の美少年。成績、行いともに優秀で生徒一同の羨望の的でした。
青年団時代の初めての同窓会は、松岸寺本堂の間で開いたのをはじめ、
その後の同窓会の幹事役を一手に引き受け、温泉行きバスの発着場所も
松岸寺で、同級生一同の根拠地でもありました。
その後、衰弱されている様子でしたが、また元気を取り戻されておりました。
ちょうど三年前。私も通院することなり、K病院内科へ。
和尚もそこへ通院されておりました。
待合室でも出会いが始まったのです。
同じ主治医、同じ時間、ほぼ同じ症状。お互いに主治医を信頼し
病状やら近況やら励ましあいながら、何分か、何十分かを話し、
過ごしておりました。

去る9月頃より姿が見えない。どうしてかと思ううちに、入院されている話を聞き、
お見舞いにと思う矢先に旅立たれたことが残念でたまりません。
生ある者の宿命かと思えど・・・。
葬儀では、金襴緞子の飾られた中に元気な和尚の温厚な写真、そして
棺が門をそろそろと出て行きました。手を合わせ、黙祷し、しばらく顔があがりませんでした。

どうぞ、安らかにおねむりください。合掌。
生前のご厚情ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0018963_20154177.jpg

「生涯学道進一歩」と記した年賀状の主は、この老師さま。
生涯学びの友が得られた時子ばあちゃんは 幸せだ。
その志を胸に秘めて真摯に生きる姿を ハナコの子供たちは 見てきた。
そして、いつも子どもたちにかけてくれる言葉がある。

「がんばれよ。励めよ。これしかおばあちゃんは教えてやれるものはない。」
[PR]
# by kanashuyuma | 2006-12-14 20:44 | おっせかいこぼれ話

胸にこだまする賀状


年賀状の そろそろ準備を始めておられる頃。
ハナコも 年賀状リストの
整理をしなくちゃならない。
個人用とだんな用と
仕事用と3種類あるから大変。
いつも 年末31日までかかって 
書き上げるお粗末さ。

●平成7年1月29日 日本海新聞「やまびこ」より
時子ばあちゃん 73歳の頃。

正月早々にいただく賀状は友情を厚くし、人と人との絆をますます
深めてゆく。特に添え書きのあるものはうれしいもので、表を見、
浦を眺めて喜んだり感激したり。私もなるべく添え書きをするよう
心している。
特に心惹きつける今年の賀状は、布教に当たっておられるある
老師さまからのものである。「やまびこ」欄がきっかけで毎年、賀状を
いただいており、私も差し上げている。いつも一言こころ打つものがあって、
ありがたく楽しく読ませていただく。
「謹賀新年 『元旦や生涯学道進一歩』 
佛紀 二千五百六拾壱年(平成七年)元旦
本年もよろしくお願い申し上げます」


とあった。二度三度読み返した。何かしら胸にこだまするのを覚えた。
約十年ほど前、久しぶりに父の病床を見舞った折り、
枕もとに二、三冊の雑誌が置いてあった。一冊手に取り、めくっていると
ポツリと父が一言二言「おまえもなぁ、死ぬまで勉強せーよー。
一日一日を大切になぁ。怠ったらきりがないよ。」と諭した。
その後一ヶ月あまりで他界した父。今静かにめい想にふけると
父の顔が浮かび、また、元気な老師様のお顔と重なったりする。

「生涯学道進一歩」「励めよ、怠けるな」
いつまでもこの余韻は心から消えることはなく、私は励む。
後退より半歩でも進み、長寿でありたいためにも。
豊かで幸せな昨今であるが、半面、道徳心の薄れ行く現世を
人のため、世のために布教に当たられる老師様の健康とご多幸を
お祈りしてやまない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
来年も 心温まる賀状が届くにちがいない。
しかし、年々 その数も少なくなり 
喪中の知らせが増えるばかり。
どうぞ、出来る限り長生きしてください。  
[PR]
# by kanashuyuma | 2006-12-11 20:48 | おっせかいこぼれ話

子や孫に伝えたい戦争体験記

f0018963_1553593.jpg























●平成6年11月日本海新聞 読者のひろばより
時子ばあちゃん 70歳代の時

先般、日本海ペンクラブ文集「あけぼの」を届けていただきました。
本にまとめてくださった骨折り、ご苦労をお察し致しますとともに、
感謝の念を禁じえませんでした。全く見ず知らずの方々でも身近に感じ
暇を見ては懐かしく読んでおります。
私は戦時中に青春を過ごしたものとして、戦争体験記などの文面には
特に胸を圧する思い出読んでおります。歳月の流れの早さには勝てず、
やがて命あるものはいつかはこの世に終止符を打つときがきます。
日本でも歴史的運命を変えた、この戦争を体験された方々が健在である
うちにもう一度、お世話願い、戦争体験記も出版していただければと
私は思います。

その当時が子ども時代であれ、銃後を守る女性であれ、それ相当の
苦難があったはずです。主人の戦争話も常に聞いておりますが、
去る正月、息子、嫁、孫一同の食事の席で、十年もの兵隊生活のうち、
九死に一生を得た体験を三十分くらい話してくれました。
皆かたずをのんで次の展開はどうなるかと、一言も聞き漏らさすまじと
聴く姿に、話す者が体験者であり、真実がこもっていると思いました。
私も孫に戦争の話しをすれば
「おばあちゃん、学校の歴史の時間に教わっているよ」
「おばあちゃんの話は激動の中を生き抜いた感動の中にある話だよ」と。

・・・・半世紀過ぎし戦争の語りべを 余生あるうち記し残さん。f0018963_20261799.jpg


「こんなん、書いてみならん?」と、
鳥取県の県史編纂室が募集しているチラシを持っていくと
「ほんになぁ、戦争のことはよう覚えとって。思いついてみるかいなぁ」
本当に、のほほん、のほほん、と生きている我々に
戦争を語り告ぐことの務めを感じている時子ばあちゃんでした。
もうすぐ12月8日。真珠湾攻撃の日。ジョンレノンの命日。
 
[PR]
# by kanashuyuma | 2006-12-06 15:54 | おっせかいこぼれ話

豆も冬支度 

f0018963_1933135.jpg




















カラット晴れ上がり、だけど寒い冬の日。家の前の空き地に「むしろ」を広げ
小豆や青大豆を天日干していく。朝にお日さんのもと出し、夕に軒下に戻す。
何日も繰り返し保存豆を作る。
何十年も繰り返してきた時子ばあちゃんの仕事。
お正月には、あんこたっぷりのお餅や、大根や人参、里芋などの根野菜と
一緒に昆布も入れて炊いた大豆のおかずを届けてくれる。
「大豆を炊いたら、食べなはるか?」「はい、食べる、食べる~」
こうして、ハナコたちは、ある程度の自給自足ができて、
心身ともに豊かな生活を送ることが出来る。
「おまえさんは、幸せ肥りだよ~」と、ハナコの連れ合いの口癖だ。
f0018963_195020100.jpg











美しいではないですか~ 赤いダイヤとかっていうけど、宝石の美しさではなくて
「自然の恵み」「生命」というか・・・ねぇ?一つとして同じものはないのですよ。
[PR]
# by kanashuyuma | 2006-11-24 20:24 | おっせかいこぼれ話

冬支度

f0018963_20425591.jpg




















ぶどうや梨の季節も終わり、我が家の果樹園は、キウイ、胡桃、柿、の季節
もうすぐ、あのジューシーなりんごの季節となります。
柿もいろいろな種類がありましたが、今は西条柿(渋柿)をつるして作る
「干し柿」の準備に入りました。風物詩ですね~。ご近所の軒下にも 見られます。
冬がもうすぐなのだと知らせてくれます。

そういえば、先日は大山から初冠雪のたより。紅葉と一緒に見られるなんて「ラッキー」と観光客は
寒さの中でインタビューに応じてましたね。ITが進化して、居ながらにして「ライブカメラ」で
大山の紅葉やドライブ情報がゲットできます。
ふるさとを離れて暮らす家族にも、いつでも田舎の様子が見られます。

今日11月9日は、進じいちゃんとマイドーターの誕生日です。
89歳と14歳。75年もの長い月日がつながっています。
14歳頃の進じいちゃんは、農家の長男として生まれ、
とっくに働き手として、村役場にでていたといいます。
安穏と暮らす子ども達にいつもおじいちゃんもいいます。
「頑張れよ。学校に行きたくてもいけなかった昔だった。
人一倍努力して、努力して、今がある。」

日々、進じいちゃんや時子ばあちゃんの姿を見て感謝せずにはいられない。f0018963_2120648.jpg
[PR]
# by kanashuyuma | 2006-11-09 21:21 | 自然こぼれ話

祖父母参観日に参加して

平成7年3月発行 高齢者教室文集「みのり」より
時子ばあちゃん、75歳の時。

 12月ある日、幼稚園の祖父母参観日に出席した。園児の学習発表会である。
楽器を使ったり歌ったりゲームをしたり、老人のリズムはずれの歌よりも
遥かに上手であった。
やがて、もち米も蒸しあがり、キネとウスを使っての餅つきである。
男性方はもちつき、女性は手ごね、そして餅きり等。
子ども一人ひとりが手伝ってもらいキネを使ってのもちつき体験であった。
無邪気に悦ぶかお顔。餅を早く食べたいといっている子。小さく切ってきな粉をまぶし、
口の中へ入れてやると喜んで走り去っていく子。残ったきな粉を手ですくって食べる子。
どの子を見ても天真爛漫、嬉々として戯れている。
中には塩辛い子、甘い子、素早い子、遅い子、いろいろ居るけれど、私は園児を見て思う。
現代世相をゆるがせているいじめ問題を考えると、この子らもやがて成長すれば
加害者となり被害者となるであろうか。

 年を重ねた私達の子ども時代は、1~2回のいじめはあっても何年越しの陰湿な
いじめには唖然とする。何が原因であろうか。社会教育もさることながら、
いじめっ子を育てた家庭教育の根本からのゆがみとも思う。
人も自分も大切に、立場を置き換えて考える。やる者がやられる立場に
暴力を振るう者が振るわれる立場に、と私は常に言っているのだけれど。
ある新聞社の社説の末尾に出ていた。
「他人の痛みを知る、卑怯な行為を恥じる、遊びや自然体験で豊かな人間性を培う
教育が必要」とあった。

また、いじめをやった本人等には反省の色も見られず、との報道に考える。
幼児でもあるまいし、中学生ともなれば事の善悪は十分に分かるはず、
これ等の罪の軽さに、いつもあせりを感じるのは私一人だけであろうか。
氏名を報道し、罪の重さの制圧を受けるべきだと思う。
三朝大西先生の投稿文の抜粋に「犯された人権(人命)よりも侵した人権が
過重に庇護されるかのような風潮がいじめグループ発生の最大原因と思考される」とあった。
「論点 落合恵子作家 抜粋」では、
「現在のいじめの報道を見ていると、ここにもいじめ構造が垣間見える。学校や教師が
気付かなかったことは責任重大だが、真の加害者の一挙手一投足を並べて、
より感情的に報道する姿勢こそいじめの構造といえないか。個を収奪する教育行政そのもの
について論じてこなかったジャーナリズムも子供たちの自殺に無意識に加担してこなかった
ろうか。」 私の思考と近いものを列挙した。
世の母親様よ 強くなろう。
我が子の躾けも厳しく、いじめっ子には更に厳しく、親が立ち上がらねば、
子どもは死から守れない。
おじいさん、おばあさん、直接に間接に、子供たちへの教育、善悪の分別、
自然とのかかわり等々・・・。伝えることこそ、残された使命であり、社会参加ではなかろうか。
と私は思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・f0018963_21344172.jpg
11年前に書かれた文章だが、今でもなるほど!と考える。
北海道、福岡の中学生の自殺に、「学校は、教育委員会は、死なないと動かないのか。」と、教育行政、教育現場に対する不安感、不信感は増すばかり。今の教育システムを改革しないことには、いじめは再生産され続ける。「向学心のない者は去れ!」とう毅然とした態度が望まれる。

「孫達は、無事に学校生活を送っていること。それだけでもうれしい」と、悲惨ないじめのニュースを前に、涙ぐむ時子ばあちゃんである。
[PR]
# by kanashuyuma | 2006-10-26 21:33 | おっせかいこぼれ話

くらよし絣

f0018963_1938313.jpg
養蚕場の2階においてある織り機を前に、当時を懐かしむ時子ばあちゃん。当時のままに置いてある機織り機を見せてもらった。若い頃から機織りはしていたということだったが、絣は嫁いできてから始めたという。ハナコがお嫁にきたとき、時子ばあちゃんから絣の着物をプレゼントしてもらったことがある。嬉しくて同級会に着て出かけた記憶がある。

ハナコが嫁ぐ前のこと。今は亡きすがばあさんがいた。
ハナコとはすれ違いで、写真での対面出会いでしかなかったのだが、このすがばあさんが13歳の時から死ぬ直前の96歳まで絣を織り続けていたという。いまでは、弓浜絣、倉吉絣といえば周知の工芸品になっているが、絣を織ることはそう簡単なことではなかったらしく、染め粉や糸を倉吉まで求めて出かけていったらしい。当時は薬局に置いてあったという。
機織りには慣れている時子ばあちゃんでも、絣の織り方は難しいところがあって習いにでかけたという。すがばあさんから引き継いで、時子ばあちゃんも何十年も使ってきた機械だから、
軽く百年は経過している。虫食いだらけだ。しかし、使い慣れた柔らかさがでて艶々している。
機械にも癖があるらしく、2台あるうちの、古くてぼろぼろの機のほうが目のしっかりした絣が出来上がるという。
f0018963_20182851.jpg













f0018963_20192783.jpg
気持ちは十分にあるのだが、目や身体が思うようにならぬこの頃だから
機織り機も道具も何もかもが当時のまま・・・
ひょっとすると、いつか、ハナコもつついて見ると時がくるだろうか。
それよりも、2台ある機織り機をきれいに復元展示して記念館を創るのもいい。
f0018963_2035161.jpg
[PR]
# by kanashuyuma | 2006-10-21 20:44 | おっせかいこぼれ話